いつもありがとう

アクセスカウンタ

zoom RSS 難病の研究

<<   作成日時 : 2012/10/09 10:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 17

『たんぱく質低下
         肺難病の原因に』
 
先日、日経新聞でこんな記事を目にしました



肺炎などにより肺が硬くなって破壊され、呼吸が困難になることもある

『特発性肺線維症』の発症に、特定のたんぱく質の量の低下が関わっていることを

大阪大などのチームがマウスで突き止め。米医学誌に発表した。

チームによると、同症は難病の特発性間質性肺炎の一種で、

推定患者は国内で1万数千人とされる。

せきや息切れなどの症状で発症し、数年で急激に悪化。

呼吸不全などで死亡することもある。

武田吉人大阪大教授は 『原因の解明や新しい治療薬の開発につながる』 としている。

このたんぱく質はテトラスパニンCD151で、細胞同士の接着に関わっている。

遺伝子操作でCD151が働かないマウスを使ったところ、

正常なマウスと比べ、生後30週で呼吸機能が約23%低下していた。

このマウスの肺は硬く、コラーゲンが沈着するなど

ヒトの特発性肺線維症の特徴と一致していた。

電子顕微鏡で肺を観察すると、細胞同士が剥がれやすくなっていた。

同症の患者10人の肺を調べ、6人でCD151が減少していることを確認した。

間質性肺炎は1989年に亡くなった歌手の美空ひばりさんが患ったことでも知られる。。



私の母は正にこの難病 『間質性肺炎』に侵され 発症してから約10年で他界しました

最初は風邪のような症状で コンコンというような咳が出て

微熱が続きました

まさか?こんな病魔に侵されているなんて思いもせず

市販の風邪薬を飲んで数週間、、、回復するどころか咳がひどくなり

家の階段を上がるだけでも息切れがするようになりました

そこでようやく普通の風邪ではないと

ようやく町の小さな内科へ行きました

その頃、私は東京で一人暮らしで働いていて一緒に住んでいませんでしたので

様子を見に帰っていれば・・・・・と後悔しています

そして、即入院

酸素吸入をして絶対安静です。。

その小さな病院にたまたまバイトで来ていらした

千葉大の呼吸器内科の先生に診ていただいてすぐに『間質性肺炎』と解りました

入院してから1週間で病状が厳しくなり、大きな町の病院へ転院

一時は意識が無くなり人工呼吸器を付けるほど厳しい状態になりましたが

奇跡的に意識が戻り

その病院でも呼吸器内科ではとても研究熱心な千葉大の先生に診ていただくことになり

以降、、10年に渡り大変にお世話になりました。。

この頃は、この病気の原因も解らず、治療法もお薬もなく

絶えず酸素吸入にステロイド剤を大量に使って

現状を維持するというような治療しか無かったのだと思います

大量のステロイド剤は、確かにその時は回復したかに思えますが

リスクがたくさんあります。

そのリスクを抑えるためにまた別の大量のお薬を使います。

決して病気が改善されているわけではなくて

酸素吸入とお薬を使って生き長らえているという状態でした。。

今、この難病と闘っておられる1万数千人の方や

その方を支えていらっしゃる家族の皆様にとっては

期待できる研究ではないでしょうか

今まで解明できなかった原因がひとつでも解明されたことは

これからの治療にも役立って、もしかしたらと・・・・・・・思わずにはいられません。。


早速、お仏壇の母に手を合わせて報告しましたよ  


画像








今日の新聞の一面

『山中氏にノーベル賞』

この方はips細胞を作製とありました

事故や病気で傷んだ組織や臓器を取り戻す再生医療の応用が期待される、研究だそうです。

難しいことはよくわかりませんが

作られたips細胞は受精卵のように体のどんな部分にも再び育ち

いったん変化した細胞が生まれた頃に逆戻りするという発見らしい・・・・すごい

こんなことが実際に医療の世界で応用できるようになったら

侵された病巣も再生されて、治らない病気などないような気がしてきます。。

生理学・医学賞  日本の研究者がノーベル賞を受賞!!!!! 

とても誇らしくて嬉しいニュースでした。。



今日は、いつものようにhandmadeやワン&ニャン事ではありませんでしたが

最後までお付き合いいただいてありがとうございます



画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
お母様、大変な戦いでしたね。。。
miiさんも、頑張りましたね。。
その時、親に自分が最善な事をどれだけ出来たかは、
自分では悩ましい所。。。、
けど、お母様は一生懸命感じ取っていたと
思いますよ。。。
難病と闘ってる方にとって、最新の治療法が
見つかるという事は、本当に一つの希望。
私も、今日の山中氏の会見見て、
改めて感動しました。
ただただ患者さんの事を思い、救いたいと言う思い
そして、メイドインジャパンでと。。。
日本人ここにあり!!と誇らしかったです。
GARIS
2012/10/09 21:41
こんばんは!
お若くして亡くなられたお母さまの病気は
今もって治療法が確立してないんですか。
でも、原因の一端が解明されたことは喜ばしいことですね。
医学の進歩は目覚ましいのに
まだまだ治せない、原因すらはっきりしていない
病があるんですね。
昨日の山中教授のノーペル賞の
ニュースは日本人にとって本当に喜ばしいです。
今先生の研究成果を待っている難病患者さんにとっても
希望でしょうね。
atsuko
2012/10/09 23:01
GARISさんへ

おはようございます♪
母は熱心な先生に診ていただき
必ず治ると信じて最後まで希望を捨てずに頑張りました
苦しかった10年間だったと思いますが、いつも笑顔で。。
とても強くて優しい自慢の母です☆ (お母さん〜聞こえてる〜)
いまだ原因や治療法の見つからない難病で苦しんでおられる方がたくさんいらっしゃると思います
その方たちや家族にとっては希望の光ですよね
前者の武田教授や今回ノーベル賞を受賞された山中教授の研究が
実際に医療の現場で実現できる日が早くきてほしいと願っています
メードインジャパン!で世界の患者さんを救ってほしいですね
ホントに、、、誇らしいですね

山中教授〜大阪マラソンに出場されるそうですね
奥様が心配されていましたが、私も!
ご無理をされないでほしいです。。

GARISさん〜嬉しい来客がありましたね^^♪ 良かったね
いつもありがとうございます
mii
2012/10/10 09:13
atsukoさんへ

おはようございます♪
そうなんです。まだ原因や治療法が確立されていないと思います
母の病気は絶えず酸素吸入をしていないと呼吸困難に陥り死につながります
どんな病気も辛いですが、酸素が足りない状態での生活はとても苦しかったと思います
原因が一つでも解明されれば治療法も見つかるはずですよね
ノーベル賞を受賞された山中教授の研究成果も
難病で苦しんでおられる患者さんやその家族にとっても嬉しい受賞ですね
今朝、山中教授に自分の皮膚を提供した難病の少年のことをやっていました
この少年にも希望が見えてきましたね
山中教授の研究者になる前の医師の頃や日常の話を聞いていて
思わず笑ってしまいました
普段はマラソン好きな普通の人だとお奥様が言っていました
研究者というと違う世界の人というイメージでしたが、少し身近に感じてしまいました。。

ところで、atsukoさんは今何を作られているのかしら??
毎日覗きに行ってますよ〜〜私^^;;
楽しみ~~☆
いつもありがとうございます
mii
2012/10/10 09:49
keikoさんへ

いつも見てくださって嬉しいです♪
気持ち玉をありがとうございます
mii
2012/10/10 09:53
bibriさんへ

はじめまして♪
気持ち玉をありがとうございます
mii
2012/10/10 09:54
おはようございます。
miiさんのお母様は肺の難病だったのですね。
大変な病と闘っていたのですね。。。
難病と闘ってる方にとってホント希望の光ですね!
ノーベル賞のニュースも嬉しいですね
昨日、娘の学校でも、先生からその話があったようです。
レイアちゃんのアップのお顔もカワイイです〜
Rino
2012/10/10 09:55
肺の難病。。。
通常の呼吸じゃ、酸素が足りないだろうから
苦しかったでしょうね
でも、いい先生に巡り合えてよかったね

医療の研究は、よくわからない事だらけですが、
難病を少しでも治る治療法を見つける。
すごいことですよね。
きりこ
2012/10/10 13:59
Rinoさんへ

こんばんは♪
肺の難病って私も母が患って初めて知りました
この病気の患者さんが全国に1万数千人もいることも。。
研究者の方の地道な研究と苦労が希望の光となりますね
原因がわかったことでこれからの治療法や治療薬の開発につながることを願っています
娘ちゃんの学校でもノーベル賞のお話があったのですね〜^^
これからの時代を生きていく子供達にとっても
将来の目標や刺激になったのかもしれませんね

レイアのアップのでっかい顔〜とぼけてるでしょ〜^^;;
Rinoさん〜いつもありがとうございます
mii
2012/10/10 22:12
きりこさんへ

こんばんは♪
肺の病気は慢性的な呼吸不全なので、、きっと言いようのないくらい辛かったと思います
はい!良い先生に診ていただいたおかげで母も生きる希望をもって頑張れたと思います
医学の研究って資金もかかるし苦労も多いと初めて知りました
ほんと!スゴイですね
ノーベル賞を受賞された山中教授の研究成果が実際に難病の患者さんを救ってくれるように願っています☆

きりこさん〜ファッションショーお疲れ様でした〜
笑顔でウォーキング出来て良かったね(*^^*)
いつもありがとうございます
mii
2012/10/10 22:26
お母様、苦しかったでしょうね・・・。
miiさんも、お辛かったでしょう。

昔より医療が進んでいるとはいっても、対象療法がほとんどですよね。薬にアレルギーを起こす私たちに家族にとっては、そちらの研究も是非進めて欲しいです。
今回、京都大の山中教授のノーベル賞、日本人として本当に嬉しいですね(^^)尊敬します
koko
2012/10/11 11:28
kokoさんへ

こんにちは〜♪
お返事遅くなってしまいごめんなさい
母はとても我慢強い人で辛かったと思いますが、
いつも周りに気遣って明るくしていました
話すのは咳き込んでしまうのでニコニコしていましたよ〜^^
私には…とても真似などできません 尊敬です。。

昔より医療は進んでいますが、いまだ原因や治療法が解明できない難病があります
そうですね
アレルギーの研究も進めて欲しいですね
アレルギーによって食べれないものや触れられないもの、などなど
簡単にアレルギーって思ってほしくない
命に係わる深刻な病状もあります。。
この世には私には解らない、まだ知らない難病やアレルギーがたくさんあることにも驚いています
生理学や医学の研究は費用もかかるしたくさんの苦労もあると聞きましたが
今回の山中教授の後につづく優秀な日本人の研究者に期待します
ホントに日本人として誇らしいですね
kokoさん〜いつも見てくださって嬉しいです
コメントをありがとうございます
mii
2012/10/12 11:27
遊哉さんへ

いつも見てくださって嬉しいです♪
気持ち玉をありがとうございます
mii
2012/10/12 11:28
こんにちは、
お母さま、苦しかったでしょうね〜。
miiさんも辛かったでしょう。。。

オットの従兄弟が、
いつも酸素ボンベを持ち歩いていました。。。
その方も、
いつもニコニコされて、私たちも
病気って事を忘れるくらい。。。

ノーベル賞を受賞された山中教授、日本人として誇りですよね。
kazu
2012/10/12 11:37
kazuさんへ

こんにちは〜♪
はい…きっと…苦しかったと思います
何もしてあげられないと言うのが一番つらいですよね
でもね
最後の3か月間は病院に泊まらせていただいて
ずっと大好きな母の傍らで過ごしました
子供の時の様に母に髪を撫でてもらって^^;;
母に甘えられて幸せな時間でした。。

ご主人様の従兄弟さんが
携帯酸素ボンベを使われていらっしゃったのですね
激しい動きは息切れがしますからお辛かったことと思います
ご自分の辛さを皆さんに感じさせないように
気を遣ってニコニコされて…。。。

山中教授! 受賞されてからお忙しそうですね^^
寄付金もだいぶ集まっているみたい
日本国中の人が誇りに感じられ応援していますね
kazuさん〜いつもありがとうございます

mii
2012/10/12 13:29
御邪魔しています
お母様が難病の『間質性肺炎』に侵され 発症してから
約10年で他界された時はお辛かったでしょうね〜

聞きなれない病名に気付き難い症状で。。。
気が付いた時には確たる治療法が無いのは歯痒い事 
この上なく自分ではどうする事も出来ない日々を送ら
れたのでは無いかと〜

私の母は大腸癌だったのですが未だ若く他界した時には
後悔で1杯でしたので少しは御気持ちお察し出来ると思い
ます。

iPS細胞でノーベル賞を受賞された山中教授は『難病で苦しんで
おられる患者の方を治したい』と仰って素晴らしい研究を
されているので此れからは少しは難病の方も救われる時代が
遣ってきそうですね
麗菜
2012/10/19 13:41
麗菜さんへ

こんにちは〜♪
母は難病を患ってから10年でしたが発病した歳が50歳でしたので
もっともっとやりたいことがあったと思います
仕事人間でしたのでしっかり定年まで勤めて、その後は旅行したり趣味の編み物をしたりと楽しみがたくさんあったはずです
60歳という年齢は早すぎますね
いまだに母離れしていない私です
麗菜さんのお母様は大腸癌だったのですね
お母様もお若くして…
麗菜さんのブログからはお母様への大切なお気持ちが伝わってきます
きっと天国から応援してくださっていますから…
麗菜さんの健康が一番の親孝行ですね

ノーベル賞を受賞された山中教授の研究が
実際に医療で活かされ世界中の難病で苦しんでおられる患者さんを救ってくれるようにと願うばかりです
ips細胞!! 素晴らしい研究ですね
いち早く母に報告しましたよ〜

麗菜さん〜お優しい言葉をいつもありがとうございます
mii
2012/10/20 11:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
難病の研究 いつもありがとう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる